わきが講座

赤ちゃんの口がワキガ臭い!?それって母乳のせいかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんの口から「ワキガ」の臭いがするとびっくりしていませんか?

実はそれ、赤ちゃんがワキガなのではなくお母さんの母乳に問題がありそうです。

今回は「チチガ」についてまとめていきます。

突然チチガに!?

赤ちゃんはワキガを発症しません。

ワキガを発症するのは思春期ころなので赤ちゃんのワキガはいないのです。

では、なぜ赤ちゃんの息がワキガ臭いのでしょうか?

それは、お母さんが「チチガ」だからです。

赤ちゃんが生まれる前は「ワキガ」でも「チチガ」でもなかった人が出産後突然ワキガやチチガになることは多いです。

それは、出産後のホルモンバランスの乱れが関係しています。

女性ホルモンのバランスの乱れとワキガの関係

ワキガ体質の人にはアポクリン汗腺という汗腺が存在します。

アポクリン汗腺が多ければその分ワキガのニオイがするのですが、アポクリン汗腺があっても少なければ、自他共に気が付かれないワキガ体質だという人も少なくありません。

しかし、出産後にホルモンバランスが大きく変化したことで、アポクリン汗腺の働きが活発になりワキガやチチガを発症してしまうのです。

チチガの母乳は赤ちゃんに悪影響を与える!?

ワキガの臭いがする母乳を上げたとしても、赤ちゃんに悪影響だとか映るということは一切ないので安心してください。

母乳の与える影響は赤ちゃんにとっては良いものばかりなので積極的にあげましょう。

しかしチチガの人には問題点が、、

しかし、チチガの人には問題点があります。

雑菌はアポクリン汗腺から出る汗が大好物なので、こまめに洗浄しにと胸が雑菌だらけとなってしまいます。

母乳パッド、下着をこまめに変えたり、雑菌効果のあるボディソープで胸の周辺をしっかりと除菌することが大切です。

ワキガならば、赤ちゃんが直接触れることはあまりないので、アルコール入りのウエットティッシュでこまめに雑菌対策をするのも良いのですが、赤ちゃんが吸う乳輪周りは、アルコールだと刺激が強いので、ノンアルコールのウエットティッシュなどでふき取ってから母乳を上げるようにすると良いですよ。

チチガは元に戻る

もともとアポクリン汗腺の働きが活発ではなかったのにホルモンバランスの乱れで活発になってしまったという場合は、産後授乳が終わり生活が落ち着いてホルモンバランスが整えば元の体質に戻る可能性の方が大きいです。

心配せずに生活しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加